TOP 

ついに黒猫の告白がきました!「俺の妹が家に彼氏をつれてくるわけがない」 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。第6話

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。第6話「俺の妹が家に彼氏をつれてくるわけがない」が放送されましたね!
ついに…待ちに待ったあのシーンなのです、が。最初にぶっちゃけるとアニメにかなり不満がたまってきているのでそのへんは後ろにちょこっと書きます。

6話「俺の妹が家に彼氏をつれてくるわけがない」



新キャラクターの御鏡です、原作では今後も登場しますがこのカットっぷりを見ると次の話で出なかったらもう出なさそうですね。
しかしこのシーン……言いたいことは後で書きます。

ちょっと嫉妬したような白猫の表情がとてもかわいいです!



カットされると思われたあやせの手錠シーンです。桐乃とのデート時のプリクラを何故あやせを所有しているかは色々ネタになりました。



また黒猫との二人での下校シーンきましたーこのシーンは本当に大好きです!!



二回目の告白シーン…きました!
「好きよ… あなたの妹が、あなたのことを好きな気持ちに、負けないくらい」
前回と同じと思いきやちょっと違う言葉です。
その少しの違いですが意味合いは大きく変わってきます。京介もここではっきりと黒猫が自分のことを好きなのだと理解します。



桐乃が突然彼氏の話をしだして黒猫も呆れてかえってしまい
夏コミの打ち上げ時にサークルクラッシュです…しかし夏コミは1話の半分しか使っていないのでどうも沙織の心労も表現できていない気がしますね。



この高坂家の父親大介と京介のシーンのやり取りはまるで子どもみたいで面白いです。
母親と違って父親は娘に彼氏ができたなんてきくとやりきれなくなりそうですね。
しかしこの当たりから京介の暴走シーンにもキレがなくなるような気がします。



ようやくきましたこのシーンが…しかし毎回テロップ流れながらは本当にやめて欲しいですね。急いで詰め込んでいる感が…。
黒猫が”約束の地”の地へと京介を呼び寄せましたその流れはカットされましたけど。
それにしても白猫は凶悪な可愛さを誇っています!



「私と付き合ってください」

ついにこのシーンが来ましたぁああああ!!!!!!!
黒猫ぉおおおおおおおおお!!!かわいすぎます!私も大好きです宇宙で一番愛しています!


原作でもこのシーンは7巻最後のページでいきなり告白がきて、この言葉で8巻がでる頃まで各地で反響を呼び大激論にもなりました。
ただこの展開などによって(ネット上での)ファンの対立を生む結果になってしまったともいえます。



白猫が可愛すぎる!
やっと黒猫のED曲が来ました!


以下不満に思ってることをネガティブにぶちまけるので見たくない方はスルーお願いします、すいません。





御鏡が作ったアクセサリーがでてきました原作だとここで京介が黒猫に逆十字のネックレスをプレゼントします。価格は500円と安いものなのです、それですら黒猫は遠慮しますが京介が小銭邪魔的なことをいいだして黒猫にプレゼントをするのです。
しかしアニメでは京介がアクセサリを手にもっているシーンまで描写されているにもかかわらずカットされています…。
冒頭で三回目?のメルルのシーンをいれる尺があればそれくらい描けたハズ…。
正直なんで…ここをカット?????としか思えなかったです悪い予感が的中しました。

これが黒猫ツイッターのいう後半に回されたシーンであることを願いますが…それは恐らく今回のあやせの手錠話のことだろうと思われます。

このプレゼントはラブホテルに行く回で京介が桐乃にプレゼントしたときの反応と対比にもなっているといわれています。
それに黒猫は告白以降には形に残るプレゼントを一切受け取らないのです(理由もあります)PSPの黒猫ルートですら気を使ってプレゼントをさせてくれません。まさに本作の中で京介がきちんとした初プレゼントを黒猫にする瑠璃ちゃんにとっては短いけれど大事なシーンでしょう。
黒にゃんは京介から貰ったプレゼントを大事に保管するのですよ…。

このシーンからフェードアウトする際に上記のアクセサリーが少し映ってから場面が切り替わったのでこのとき京介がプレゼントを購入しているのを期待…します…。



この打ち上げ会前の黒猫との会話シーンも大好きだったシーンがカットされてしまいました。なんでよりにもよってこの台詞を…30秒もかからないでしょうよ。

そのカットされたセリフがこちら
「私は――もはや遠慮しない。私がちゃんと納得できるように、私にとってもっとも望ましい結果がもたらされるように、私なりの全力を尽くすわ」

この台詞は人見知りで臆病だった黒猫が人生で一番悩んで悩んでその結果京介に告白することを決断し、自分にとって一番良いもたらされるように全力で行動する決意を表した重要な言葉…のハズなのですが…関係者がばっさりカットしたところをみるとどうでもよかったんでしょうかね…
この決意まで無くされたということは原作最終巻でも黒猫が望むような結果にはならないのかな…と勘ぐってしまいます。

それにこれは京介と恋人になる”だけ”が目的じゃないということを言っているのだと思ったのですがねぇ…。
まあ編集者がいう場外での乱闘が激化した理由の一つだとは思うのですが。



一期の俺妹配信版のキスシーンで黒猫が呪いをかけたのは覚えていますでしょうか。
黒猫の願いを叶えるまで解けないというあの”呪い(キス)”です。

実はこの今回の告白のシーンの前に黒猫が前回かけた呪いの解呪をするというのです、でも実は黒猫がかけた呪いの解呪はできないのです。
ならどうするのか…答えはもっと強力な呪いで上書きをすることです。

それが今話最後のシーンである”世界でもっとも強く、古く、恐ろしい呪い”の言葉
「私と付き合ってください」
です。

これもなんでカットしたのでしょう、一期で呪いとかやっておきながら…。
黒猫の厨2病を活かした告白前シーンなのに…。次回に言わないよなあこれ。

何か白猫(黒猫)がかわいいのに盛り上がれないです。
わりとどうでも良いシーンが追加されているのに黒猫の大好きなシーンが軒並みカットされまくってるのですから。
なんだかなあーというのが今のところの感想です。
もう後7話しかないのでどうあがいても出来の良いダイジェスト以外にはならないでしょうね。
前半のペースがやはりおかしいですよ。
|http://kuronyan.net/index.php?e=196|
俺妹::アニメcomments (0)trackback (0)
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントを書く










{/COMMENTINPUT}

この記事のトラックバックURL

※この記事に対するトラックバックの受付は終了しています。

トラックバック